【決定版】見ればすべて解決!Nintendo Switch周辺機器を必需品から便利オススメ周辺機器まで紹介!

2017/11/15

スイッチ買ったけど他に何を買えばいいの?その疑問にお答えします!実際に購入したものや気になっている面白い周辺機器をレビュー込みで紹介していきます。

 

まずはこれを買え!周辺機器必需品

私が実際にスイッチを使用してみて必須と感じたものを必需品にまとめました。

スイッチを購入したらまずは検討してみましょう!

キャリングケース

3DSと違い、スティックや画面がむき出しなので裸で持ち歩くのは勇気が必要です。持ち歩く際にはケースに入れて持ち運びましょう。

私は純正のキャリングケースを購入しましたが、他の硬いケースと比べて少しやわらかいものの、持ち運び時の保護という観点では合格点をあげられるほどの防御力は有します。保護フィルムがついているのもちょっとお得感が有りますね。

ストラップも収納でき、スイッチのスタンドにもなる優れものなのですが、難点があります。

  • ストラップを収納すると膨れ、本当にこれ収納できるの…?と疑問を持たざる負えない状態になる
ストラップいれて収納するとパンパンです。画面が割れないか不安…
ストラップ収納しないほうがベターですかね。。
  • ケースをスタンドにしてプレイしている最中は充電することができない

ケースの中間の区切りのようなものに立てかけるだけなので、電源を刺す部分が接地するので充電できないのであまり実用性は無いですね。

保護フィルム

純正のケースについている保護フィルムは正直品質は良くないですね。指紋ベッタベタになります。

スプラトゥーンを携帯モードでプレイする際に、照明の反射が大変うっとおしかったので、アンチグレアのガラスフィルムを購入して貼り直しました。

サラサラで指紋つかないし、反射も抑えられるので早く買っておけばよかったと後悔するほど快適になりました。

Nintendo Switch Proコントローラー

快適さを求めるゲーマーや長時間プレイする人は必須です!任天堂のコントローラー史上完成度が一番高いです。手へのフィット感はゲームキューブや、XBOXのコントローラーのほうが上ですが、このプロコンもかなり握りやすく、良く手にフィットするのでプレイもしやすいです!

電池持ちも恐ろしいほど良いのですが、唯一の弱点は値段が高い所ですかね。。。

ACアダプタ

本体に1つ付属していますが、ドックの性質上ドックに常時接続しっぱなしです。持ち運び用やベッドでのゴロゴロプレイのお供に抜き差しをするのが億劫になってきたので、流石にもう一つ購入しました。

少し割高なのですが、スイッチの電源に対する要求は高いので、できれば純正のACアダプタを使って充電したいところです。要求を満たせない供給の場合プレイしながらだと充電ができなかったり、長時間充電に時間を要したりするので注意が必要です。

microSDカード

ゲームソフトはダウンロード版を買う、インディーズゲームなどを沢山やりたい!!という方は必須ですね。スイッチ本体の保存メモリー容量は32GBです。

参考までに3つほどDL容量を例として上げておきます。ドラクエは特異な例ですが、SDカード必須の場合もあるので注意が必要ですね。

ソフト名 ダウンロード容量(GB)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 13.4
スプラトゥーン2 3.3
ドラゴンクエスト ヒーローズⅠ・Ⅱ for Nintendo Switch 26.8 ※

※「ダウンロード版を購入する場合、別途32GB以上のmicroSDカードが必要になります」と公式ページに記載があります。

本当は256GBがほしかったのですが、1GBあたりの価格が256GBになると跳ね上がるので、とりあえず128GBで様子を見ることにしました。

購入したのは下記商品です。問題なく使用できています。

あったら便利!おすすめ周辺機編

必須とまではいかないが、使ってみてコレはオススメしたいと思えるものや、あると便利なものを紹介します!

どこでもTV出力を実現する 超小型ドック C-Force

これは必需品に入れたいくらい超オススメ。旅行先で大画面でみんなでスイッチを楽しみたい!というときにドックの代わりを果たしてくれます。また、本体を包まないので、排熱問題もばっちりな商品です。任天堂純正でこういう商品出してほしいですね。

こちらで紹介しているので、興味がある方は御覧ください。


国内正規代理店であるK-ONE.が販売しているものは一年のメーカー保証がついているので安心ですね。

さらに小型化したものもあります。下記で詳しく紹介しています。超使い勝手が良いですよ!!

有線LANアダプタ

スイッチは本当に無線関連ががっかりするほど弱いです。ネットは有線接続を推奨します。接続するだけで使用できるので安心して使用できました。

 

Keten Nintendo Switch Proコントローラー ケース

プロコン裸で持ち歩いてたんですけど、たまたまケースを発見。ぴったり収納できるハードケースで安心感抜群です。ケースも軽いので持ち運びが便利です。上部ネットにはケーブル類も収納できる点もよく考えられていますね。

ラバーグリップ付けているのですが、ちゃんとおさまりました。ただ、ちょっとキツめなので、いれ方に注意しないと、ZL、ZRが押し続けられてしまうことがあります。そんなときは、LRのあるコントローラー上部から収納するようにすると解決できます。

ACアダプタも収納できる Keten セミ ハード ケース

2018/8/18現在、私の見る限り難なくACアダプタも収納できるスイッチケースはKetenのこの商品くらいですね。どれも厚さが足りず、スイッチ本体を内部で圧迫してしまうものがほとんどです。

こちらは収納してみたところ、その心配はなさそうです。

上部にポッケがあり、ACアダプタやジョイコンなどを収納できます。
厚みは7cmほど

厚みはありますが、電源含めてこれ一つだけ持ち歩けば良いというのは非常に便利です。ただ、ソフト19枚収納は絶対にいらない。画面の保護に一役かってそうですが…

Switch Proコントローラ用 シリコンプロテクト

グリップ力向上と、汚れ防止(今更)のため購入しました。初めは少し大きくなったので、握りにくくなったような印象を受けましたが、すぐに慣れてそのような印象は消え、快適にプレイできています。取り付けも簡単で、他の商品にあるようなスティックやLRとの干渉は問題ありません。

ちなみに黒だと味気ないので、ピンクを買いました。

 アナログスティックカバー(アタッチメント)

好みの分かれるアクセサリですが、スティック部分の劣化を防ぐ+すべり止めになるため私はおすすめします。

ただ、自分にあったアタッチメントを探すのが大変ですね。コレばっかりはこればいいぞ!とおすすめするのが難しいです。

とにかく取れやすいです。放射ドットタイプの2mm UPのモノのみ使用していました。が、次に紹介するジョイコンカバーと干渉してしまうので使用するのをやめました。デカイのはすぐとれてどこかに消えました…

ジョイコンカバーと干渉しにくい薄いアタッチメントを探していたときに巡り合ったものです。比較的薄いのでジョイコンカバーとの干渉は少ないです。ですが私のすきなドットではないので、無いよりは良いくらいの評価です…

Joy-Con HARD COVER COLLECTION

こちらはハードタイプでシリコンではないのでゴミがあまり付きません。

見た目がかわいいし、保護できるから買ってみよう程度の気持ちでしたが、携帯モードでスイッチをプレイする際のグリップが向上したので、嬉しい誤算でした。

フロントカバーと柄が揃っているのもポイントです。(柄のないものもあります)

アナログスティックカバーで触れたようにカバーによっては干渉する(おそらく殆どのアタッチメントは干渉する)ので注意が必要です。スティックを倒しても力をいれないとろくに入力されないです。

 フロントカバー

携帯モードで操作する際には邪魔になるのですが、「MYRIANN Nintendo Switch Dock」にドックを組み替えた都合でTVモードでプレイ中に画面がむき出しで、反射が気になったので、画面カバーのために購入しました。

携帯モード時は後ろに折り返して手で押さえながらプレイするという斬新なスタイルをとっている。また、イヤホンをさせるようになっているが携帯モードではイヤホンを刺すとカバーを後ろに折り返せなくなるという致命的な設計ミスを犯している。

かわいいし、ドック使用時に画面を隠すという役割を果たせているので満足はしています。

 

スイッチ対応ヘッドセット

ヘッドセットはイケてないですが、ミキサーが非常に優秀です。

基本的にリモコン部分しか使わないので、どちらか安い方を買うのがベターです。

エンペラフックのレビュー記事はこちらです。

Lomicall Nintendo Switch スタンド

折りたたみ式でコンパクトでしっかりした作りでプレイするには快適なのですが、如何せん重いです。203gもあります。家の中で使うには安定性が高いこの商品はとても重宝しますがね…持ち運ぼうとは思わないです。。

結果としてダイソーのスタンドのできの良さを痛感することになりました。

Joy-Con充電スタンド

ジョイコン複数持っているかたは必須でしょうね。ジョイコンをセットすることでスイッチ本体がなくても充電することができます。

Joy-Con充電グリップ

なんと本体についているグリップには充電機能はありません。電池切れたらプレイを中断し、ジョイコンをスイッチ本体に接続して充電する必要があります。

はじめから充電グリップ同梱しとけ!!って話ですよね正直。

 

コアな層には必需品?!おもしろ周辺機編

ニッチなやつで面白そう、特定の用途で必要になる周辺機を紹介します!

排熱対策!換装用小型ドック MYRIANN Nintendo Switch Dock

オススメ周辺機器で紹介したC-Forceとは違い純正のドックの基板を使いまわすタイプのドックです。一手間かかりますが、排熱対策としてはバッチリです。手間がかかるものの一度換装してしまえば快適です。

ただ、C-Forceが出た以上わざわざ分解して換装する必要はないので、現在はあまりオススメはしません。

このドックについて記事を書いているので、興味がある方はこちらを御覧ください。

マウス+キーボード操作を実現「Cross Hair converter」

実際にスプラトゥーン2で使用しているしているかたのツイートを御覧ください。


Switchに対応したもののスプラトゥーンだとエイムが上手く動かせないようですね。converterのソフト側のアップデートで対応されるといいですね。

 

 HDMIキャプチャーデバイス

スイッチには現在動画のキャプチャ機能等は搭載されていません。ゲーム実況や動画配信を行うはキャプチャーデバイスを利用する必要があります。その定番として下記2つがよく上げられます。

 

HDMI切替器

複数のHDMI接続機器を接続して出力先に対して、どの入力を使用するか切り替えることができます。

自動切り替えのものとスイッチの相性が最悪だったので、改めて手動切替の切替器を購入しました。

冷却ファンスタンド

排熱が問題視されるスイッチですが、ついに冷却ファンスタンドが発売されました…笑

一番熱持つのはドック使用時なので正直… いえなんでもありません。

ドックセット用 Type C 延長ケーブル

ドックからスイッチを逃がすために使う商品です。前項の冷却ファンスタンドと合わせて使うのがよいでしょう。

USBキーボード ( SWITCH 用)

発売は2017/9/30ですが、面白い商品です。GCのアレ思い出しますね。なつかしい。

ちなみにGCのアレはこれです。。知名度あるのかな…?

さいごに

発売から半年近く経過し、スイッチの周辺機が段々と揃ってきた印象です。

まだ完璧とはいかないもののようやく痒いところに手が届きつつあるスイッチの周辺機器に今後も期待を込めてチェックして随時更新していきます!

それでは快適で楽しいスイッチライフを!