【レビュー編】ニンテンドースイッチのドックを小型化する「MYRIANN Nintendo Switch Dock」を購入してみた

2017/09/03

ニンテンドースイッチの純正ドックの基盤を流用し、ドックを小型化する画期的な商品「MYRIANN Nintendo Switch Dock」を購入してみたので紹介します。

2017/8/7追記

改造の必要ない小型ドックがAmazonで販売開始されました。詳細は下記記事を御覧ください。

スイッチ対応ポケットサイズのドック「C-Force」Amazonで販売開始!入手方法を紹介!

2017/8/13

購入して実際に使用してみました!

Nintendo Switch購入したならコレを買え!ドックなしでTV出力できる「C-Force」が超便利!

2017/8/27

更に小さくなったアダプタを購入してみました

純正ドックの問題点

なぜMYRIANN Nintendo Switch Dockに興味を持ったかの説明になりますが、純正ドックに不満を抱えていました。

TV出力には純正ドックが必須

ニンテンドースイッチは、付属の純正ドックを使用しないとTV出力ができません。

ドック内に埋め込まれているチップで制御しており、これを介さないとHDMI出力ができない仕様になっています。ですので、旅行や友人宅などに持っていってTVを使ってプレイしたい場合、純正の大きいドックを持ち歩かなければなりません。

持ち運ぶことを一切想定していないサイズ感・重量

純正ドックのサイズは以下のとおりです。

  • 17.5cm x 10.3cm x 5cm
  • 約300g

これは持ち運ぶ気にはなりません…

排熱問題

ドックには通気口は確保されているものの、ファン等の排熱機構が無く、長時間使用していると熱がこもり、かなり熱を持ってしまいます。それが原因で、スイッチ本体が歪んでしまうという事象も報告されているほどです。

また、排熱対策に冷却ファンなんて商品も存在します。\(^o^)/

スイッチを置く際に画面に傷がつく

私がガサツなせいかもしれませんが、ドックに抜き差しする際に、ドックと擦れるようで、いつの間にかに画面に傷が沢山ついていました。幸い、保護フィルムを貼っていたので本体は大丈夫でしょうが、拭いても落ちない、まさしくただの傷でした。

MYRIANN Nintendo Switch Dockについて

何と言っても売りはひと目で分かるコンパクトさ

販売サイトに書いてあるサイズです。

  • 6.83cm x 2.91cm x 9.6cm

ここで純正サイズをもう一度

  • 17.5cm x 10.3cm x 5cm

奥行きが増えたものの、MYRIANNのドックはだいぶ小さいです。

 

amazonの商品サイトの日本語が怪しい

この度amazonで購入したのですが、どことなく日本語が怪しく、独特の雰囲気が漂ってました。

ニンテンドースイッチドックを置き換えるために特別に設計された代わりケース。
オリジナルの任天堂スイッチドックの大きさ、面倒から解放します。携帯と使用がとても便利です。

これは買って大丈夫なのか…?と一瞬不安になりましたが、「構わん行け( ・`ω・´)」と心のGOサインが出たことろでポチってました。( ´∀`)bグッ!

実際に届いたMYRIANNのドック

外箱です。至ってシンプル。裏側にQRコードが記載されており、組み立て方のYoutube動画を見ることができます。

箱の中には本体が一つ入っているだけで、他には何も入っていませんでした。

ドックを開けてみると、中にはドライバー2本と2種類のネジが入っていました。

MYRIANN小型ドックの組み立てについて

純正ドックを分解する必要がある

このドックは純正ドックのチップを流用する必要があります。ですので、下記手順が必要になります。

  1. ニンテンドースイッチ純正ドックの分解
  2. チップの取り出し
  3. MYRIANNの小型ドックにチップを設置する
  4. 小型ドックを組み立てる

ちょっと驚いたあなたそこのあなた!まだ諦めないで!簡単だから!!

作業自体は簡単

箱裏のQRコードを読み取って、組み立て動画を見ながら組み立てました。

ブログ用に撮影しながら組み立てましたが20分ほどで作業が完了しました。

難しい技術は必要とされないので、普通の人なら10分程度でできると思います。

換装手順紹介

換装方法を紹介している手順動画を紹介します。気になっている方はコレをみて、自分にできるかどうか判断してから購入してみるとイイかもしれません。

一点注意いただきたいのですが、箱裏のQRコードのリンク先の動画は内容が間違っています。作業の際には、QRコードの動画の概要欄にUPDATEDと書かれた、上記で紹介している新しい動画を見るようにしてください。この動画の公開日は2017/05/23です。

MYRIANNのドックを使用した様子

純正チップの換装後に、MYRIANNの小型ドックにニンテンドースイッチを置いてみました。

驚くべき小ささです!

純正ドックに縦で入っていたチップを横向きで置いているので、ドックの奥行きは多少あります。

右側にUSBポートが2本見えていますね。

コード類を繋いで上から見た様子です。純正ドックのカバーの内側にあった端子は左側から出ています。上から、HDMI、USB、AC ADAPTERです。

 

任天堂純正ドックとMYRIANNの小型ドックを比較してみる

外見

見た目で比較していきます。

サイズの違いがひと目でわかりますね。これ中身は一緒なんですよ。

奥行きでは純正の圧勝。でもMYRIANNの小さいですね。これ中身h…ry

重量

重さを図ってみました。

作業前に量り忘れてしまったので、チップを抜いた状態の重さです。約300g。

こちらは小型ドックのチップ換装後です。約70g。

純正ドックが約300g、小型ドックが約70g。

重さ77%カットです…笑

すごいぜMYRIANN。

MYRIANN Nintendo Switch Dockを使ってみた感想

今回、MYRIANN Nintendo Switch Dockを使ってみて感じた利点と難点を以下にまとめました。

利点

  • ニンテンドースイッチ純正のドックと比べると遥かに小さい
  • 純正のドックから重量77%カット!とても軽い
  • 気軽に持ち運ぶことができる
  • 熱がこもらない構造なので排熱問題を気にしなくて済む
  • ドック着脱時に画面を傷つける心配がない

ニンテンドースイッチの純正ドックに対して、私が持っていた不満を全て解決する商品でした。スイッチの小さい画面で、テーブルモードでワイワイという選択肢もありますけど、出先でも気軽にTVモードでニンテンドースイッチを楽む、ということが可能になったのではないでしょうか?

難点

  • 純正ドックを分解して部品を取り出す必要があるので大変13131313
  • ドックが軽すぎて本体をドックから抜く際にドックが付いてくる
  • ドックが軽すぎてコード類のクセでドックが移動する
  • ドックについているLEDを捨てることになるLEDは流用可能
  • ガイドがないので純正と比べるとスイッチを設置しづらい
  • 純正にある端子の保護構造がないため本体及びドックの端子を傷つける恐れがある

上から順に軽く説明していきます。

純正ドックを分解して部品を取り出す必要があるので大変

分解するの?大丈夫なの?めんどくさい…

等々皆それぞれ感じる所はあるでしょう。はんだ付け等の難しい作業はないものの、分解して組み立てて、という作業はやはりある程度のハードルになるとは思います。

しかし簡単なので、組み立て済みの高い商品が売りに出されても手を出さないようにしてください!

繰り返します、難しいことはありません!心のハードルを乗り越えれば誰でも組み立てられると思います。

ドックが軽すぎて本体をドックから抜く際にドックが付いてくる

ドックの重量が軽いため、ドックから抜こうとした際にドックごと持ち上がります。

持ち上がることがわかっていれば、ドックをおさえながらスイッチ本体を抜くことでカバーできますし、ドックを固定しておいても良いかもしれません。

ドックが軽すぎてコード類のクセでドックが移動する

ドックの重量が軽いため、スイッチが設置されていないときに、コードのクセに引っ張られます。個人的には気にするほどでもないかとは思いますが、純正では起きなかった事象なので一応。

コレは100均などに売っているすべり止めなどの上に置くことで対処できるかもしれません。また、コードにクセのあるまま使う情弱wwwwって方も影響なしでしょう。

ドックについているLEDを捨てることになる

純正ドックにはTVモード時に光る黄緑色のLEDがついています。しかし、この小型ドックにはそれを設置する場所がありません。換装動画でも、外す手順こそあれ、付ける手順はありません。

まぁいらないっちゃあいらないけど…なんかもったいないですね。

※6/12追記

LEDをそのまま流用して設置する手順を紹介する記事を書きました。小型ドックに換装してもLEDを光らせることは可能です。

ガイドがないので純正と比べるとスイッチを設置しづらい

純正のドックには高さがあります。これによって、スイッチがUSB端子に対して正しい向き刺さるようになっています。つまり、ドックがガイドの役割をはたしているのです。

もちろん、純正のドック、小型のドック共にUSB端子の側には本命のガイドがあります。そこにいたるまでのガイド力が純正の方が一枚も二枚も上手だと感じました。

赤丸を付けているのが本命のガイド。純正のドックにも同じようなガイドがある。

純正にある端子の保護構造がないため本体及びドックの端子を傷つける恐れがある

純正のドックには、USB端子の付近に突起状のガイドと、クッションの役割を果たすスプリングが設置されています。この機構によってスイッチ本体とドックのUSB端子は守られているのでしょうが、MYRIANNの小型ドックにはそれは無く、言ってみれば野ざらし状態です。なので、ドックの着脱時は細心の注意を払ったほうが良さそうですね。

これが上記で紹介したUSB端子の保護機構です。

スイッチの重みでスプリングが下がりUSB端子が出てくるようになっています。

まとめ

今回、純正ドックの抱える携帯性の悪さを解決する、画期的なニンテンドースイッチのドックを購入しました。

残念ながら小型ドックに切り替えたことで、見た目が質素になり、また多少の安定感は失われた気がします。安心感や安定感などを重視したいのであれば純正品をそのまま使うことをおすすめします。排熱問題は後ろのUSB端子にファンを付けるなり解決はできますしね。

しかし少々問題はあるものの、純正ドックの熱がこもる問題の解決と重量77%減の携帯性の向上には大満足です。

出先でもテレビでスイッチ遊びたいんじゃー!!という、そこのあなた!持ち歩くにはかなりおすすめの商品ですよ!(^^)

任天堂さんやHORIさんが新しいドックを作ってくれたりしてくれたらいいのですが…選択肢が他にない今、最適な選択なのではないかと思います。

 

家用にもう一台ドックセットがあると良さそうです。