2019年Amazon買ってよかったもまとめ

インストール不要!HEIC形式の画像をドラッグ・アンド・ドロップで簡単変換しよう

HEIC形式の画像ファイルを簡単にJPGなどの一般的な形式に変換する方法を紹介します。

HEICって?

HEIF(High Efficiency Image File Format)形式の画像につく拡張子です。iPhoneで採用されている画像保存形式。PCに画像を転送すると拡張子がHEICのものがあり、普通のJPGなどと違いWindowsでは扱えないソフトが多かったりとなかなか不便です。

JPEGより圧縮効率がよいのですが、Windowsでは中身を見ることすらできない悲しい拡張子です。

今回はこのHEIC形式の画像を変換ソフトをインストールすることなく変換する方法を紹介します。

iMobie HEIC変換を使って変換

iMobie HEIC変換というウェブサービスを使えば余計なソフトをインストールすることなく画像形式を変換できます。

 

ここに「クリックして追加」するか、HEICの画像をドラッグ・アンド・ドロップするだけで変換できちゃいます。

画像の変換後の形式や画質も設定でき機能も充実しております。

 

利用例と注意

画像をドラッグ・アンド・ドロップするだけで変換が始まります。

数秒待つと変換が完了してダウンロードボタンが有効になります。

あとはダウンロードをポチッとするだけで変換完了ですね。

 

注意が必要な点がありまして、複数をドラッグ・アンド・ドロップして一気に変換することができるのですが、その中でいくつか失敗することがありました。

何回か繰り返しても失敗するものは失敗する。

こんなときはその画像ファイルだけ別で変換してあげましょう。↓の画像では上の画像で失敗した画像を1つだけドラッグ・アンド・ドロップして変換してみました。

無事変換できているのがわかりますね。

オフラインで使用したい場合はデスクトップ版の利用も◎

iMobile HEIC変換にはデスクトップ版のアプリケーションもあるのでインストールすることでインターネットに依存することなく変換できるようになります。

いざというときにダウンロード、インストールしておいて損はないかもですね!

MEMO

iMobileさんのHEIC変換に関するガイドがあったので、こちらに参考として貼っておきますね。